visitors Since 2000.10.12
掲示板トップページ日記リスト石垣の写真星雲星団のスケッチと星座の神話モルジブインドオーストラリアペルートルコイタリアフィジーギリシャその他の国リンク

 どろどろ日記212

日記才人に参加しています。

10/27(日)

 7時に起きて、えびの高原を目指す。小林ICで宮崎道を降りて、生駒高原へ。少しまばらだったが、コスモスを眺める。オレンジ色や黄色のコスモスがあることを初めて知った。しかし、今日は風が強く、しかも気温が低い。急に冬になったような印象。あまり外に居られずに、そそくさと去る。

 不動池に着く。小雨が降り始める。やたらと車は多く、ハイカー達が山歩きにでかけていっている。最初は六観音御池にでも行こうかと思っていたが、寒いので、あっさりやめる。硫黄山とか、展望台とか、全て通過して、霧島新湯温泉へ。露天風呂に妻と浸かって、のんびりする。

 高千穂河原のビジターセンターで天の逆鉾のレプリカを見てありがたがったり、霧島神宮でありがたがったりする。なにしろ寒いので、やることもなく、さっさと霧島から出発。

 霧島SAでひるごはん。かきあげうどんと、いなりと、カレー。

 時間に余裕があったので、八代の八代城を見る。本丸全体、特に天守台と小天守の石垣の保存状態が良くて驚いた。石垣しか無いと、どんなに立派でも、観光資源としては価値がないのだろうか。

 更に余裕があったので、柳川の柳川城を見に行く。中学校に、天守台跡らしき丘があった。ぼんやりと丘を眺める。

 福岡空港でレンタカーを返して、空港で博多ラーメンを食べて、ANAで羽田へ。23:30には自宅到着。良い旅行だったが、パンツを忘れていって、一度も換えていないことは思い出さないことにしよう。


10/26(土)

 ちょっと寝坊。8時に起きる。9時にチェックアウト。フェリーに乗って桜島へ。湯之平展望台から桜島を眺めて、古里観光ホテルの龍神露店風呂に入る。浴衣を着て入る混浴で、他に入浴する人も少なく、のんびりする。有村溶岩展望所でぼんやりと溶岩を眺めて、桜島を後にする。

 鹿屋でひるごはん。天ザルとエビフライ定食。志布志湾を眺めながら、快適なドライブ。

 15時ごろに、都井岬に到着。猿と馬と灯台を眺める。猿は人間に慣れていないようで、近寄ると威嚇してくる。逆に馬は人や車に慣れていて、完全に無視している。

 16時ごろに、幸島の見える海岸に到着。渡る方法が全く判らないので、そのまま通過。もっと早い時間に着けば、渡し船があったのかも。

 鵜戸神宮に到着。運玉を投げるが、やっぱり入らない。妻は入った運玉のお守りを買っていた。確かにその方が効能は期待できそうだ。

 サンメッセ日南の前を妻の「モー開いてないよ」という言葉に「それってギャグ?」とか言いながら、通過する。

 宮崎の宮崎ロイヤルホテルにチェックイン。早速、夕食に出かける。繁華街まで少々遠かったが、この街も夜はにぎわっている。いくつかの店に満員で断られる。炉端焼きでキビナゴや鳥の塩焼きを食べるが、いまいち。まあ、安いので許す。

 次に小料理屋「とおやま」で飲む。豚の首の部分(呼び方は忘れた)や酒盗や串焼きをあてに、「月の中」「山ねこ」「川越」「たちばな」「松露の特別蒸留原酒」を飲む。「月の中」がうまかった。

 最後に、中華料理屋「隋園」でラーメンで仕上げる。


10/25(金)

 朝は鹿児島市内を散歩。西郷隆盛の銅像や鹿児島城の弾痕の残る石垣を眺める。路面電車でホテルに戻って、車で出発。

 まずは、城山から桜島を眺める。天気は良いが、残念ながら噴煙は殆ど上がっていない。

 吹上町の伊作城跡を探す。地図には載っていなかった。町役場に置いてあった観光案内で位置を調べて、なんとか到着。でも、何も無かった。空堀と平削地が残っている。吹上浜を見ようとするが、どこへ行けば浜とか砂丘とか見られるのかさっぱり判らなくて断念。

 金峰町の田布施城を見に行く予定だったが、時間も無いうえに、何も痕跡が無さそうなので、省略。加世田町の加世田城を見に行く。これまたどこにあるのか全く判らない。町の図書館の郷土史のコーナーで調べて、なんとかたどり着く。しかし、大手門のあったらしき構造が残っていた以外は、ここも何も無かった。

 知覧に着いて、まずは武家屋敷でラーメンを食べる。食後に武家屋敷を散策する。妙に日差しが強かった。それほどたいしたものではない、という印象だが、観光客が多くて驚いた。

 瀬平公園から開聞岳を眺めた後、山川天然砂蒸し温泉に入る。砂に埋もれて開聞岳が眺められるかと思ったが、あいにくそれは無理だった。しかし、なかなか良い湯だった。

 指宿の旅館吟松に入る。女将が入り口で構えていて、少々びびったが、日帰り入浴客にも、なかなか気持ちの良い対応だった。すっかり日の沈んだ錦江湾と対岸の大隅半島の光を眺めながら風呂に入る。ちょうど食事時のためか、空いていた。

 鹿児島に戻って、夕食。会社の知人に紹介された、魚料理の「磯部」に出かける。焼酎と鳥が旨かった。「森伊蔵」、「吉兆宝山」、「村尾」、等を飲む。どれがうまかったかは覚えていない。

 次に炭焼きバー久保田でキムチ鍋を食べる。最後は和田屋本店で特性みそラーメンと普通のラーメンを食べる。客引きと黒服が異常に多い町だった。しかも、その街角で、「客引きにひっからないで下さい」という冷静なアナウンスが流されていたのが印象的だった。

 鹿児島観光ホテルに連泊。


10/24(木)

 朝8時半の福岡行きの飛行機を予約していたが、思いっきり寝坊して、起きると8時10分前。慌てて、インターネットから、9時半頃のJALをチェック。一席開いている。すぐさま予約。

 8時5分には荷物をひったくって、バス停へ。なんとか8時20分の空港行きのバスに間に合う。なにもかもがギリギリだが、なんとか間にあった。飛行機を待ちながらウドンを食べるが、二日酔いで、半分しか食べられなかった。

 昼からは打ち合わせ。夕方には無事に終了。

 18:30には、後からやってきた妻と博多駅で合流。レンタカーを借りる時間まで少しあったので、早速ラーメンで腹ごしらえ。

 19:40、レンタカーでホンダのLOGOを借りて、鹿児島に向けて出発。23:00に鹿児島到着。天文館の鹿児島観光ホテルにチェックイン。

 居酒屋でたらの白子、銀杏の塩焼き、鳥の刺身などをつついて、少々飲んで、早めに寝る。


10/23(水)

 出張の準備に追われる。新たに購入する装置のスペックを考えたりする。夕方から宴会。研究所の他のグループのメンバーと飲みに行く。調子にのって、ずいぶん飲んだ。午前1時頃帰宅。慌てて、明日からの出張と旅行の準備をして、しかも風呂にも入ってから寝る。


10/22(火)

 山のように仕事を片付ける。上司を飛び越して書類を提出して怒られる。上司の許可はとったのだが。

初めてN●VAにレッスンを受けに行った。最初はずいぶん緊張したが、5分程で慣れた。レベル6はちょうど良い心地よさかも。ストレスになって、行きたくなくなるのは避けられそうだ。意外に女性の生徒が多いのに驚いた。


10/21(月)

 「ダークエンジェル」が打ち切りになるそうで、妻がたいそう悲しんでいた。

レンタルビデオで「バクダッドカフェ」を借りてきて、見る。ブーメランのバックパッカーが何故いついたのかと入れ墨師のねーちゃんは去ったのかどうかが謎だ。


10/20(日)

 ラーメンを食べた。図書館へ行った。温泉のガイドブックを借りた。もう、同じガイドブックを5回ぐらい借りている。その度に日本中に持って行かれて、役に立っている。今回は南九州に持って行かれることになりそう。

 九州旅行の段取りを進める。レンタカーの予約完了。


 

未来へ←【だらだら日記その212】→過去へ

              御意見、御感想をお寄せ下さい。          
宛先:fwkp2256@mb.infoweb.ne.jp